有料老人ホームとは

介護サービス、食事の提供サービス、家事サービス、健康管理などのサービスを提供する高齢者向けの居住施設です。

高齢者賃貸住宅とは

介護や医療などと連携した高齢者を支援するサービスを受けることが出来る高齢者に優しいバリアフリー構造の住宅です。

施設選びのポイント

大切なご家族が入居する施設、後悔しない為の施設選びのポイントをご説明します。

careinsurance_ttl

介護保険は、40歳以上の人が加入する強制保険です。65歳以上で介護や支援が必要になった場合に介護保険サービスを受けることができます。
また65歳以下(40歳以上)でも、初老期の痴呆や脳血管疾患など老化が原因とされる16種類の病気により要介護・要支援と認定された場合は、介護保険サービスを受けることができます。

介護サービスは一割の自己負担で受けることができ、残りの9割は介護保険からまかなわれます。
介護保険制度では、要介護度レベルという介護の必要性を示す基準があり、それによって、色々な介護サービスを受けることができます。

介護保険の利用の仕方

「介護保険制度制度」は、介護利用者からの申請にもとづき提供される介護サービスです。
つまり、介護サービス利用者が主体となって、介護サービスを選択し、利用することが基本です。

認定手続き

介護サービスの利用にあたって、被保険者が介護を要する状態であることを公的に認定する必要があります。
これは、医療機関を受診した時点で要医療状態であるかどうかを医師が判定できる健康保険と対照的です。
要介護認定は認定調査の結果をもとに保険者によって行われ、7つの段階に分けられる認定調査員が介護の必要な本人に面接し、実際に介護を要することを確認し、調査報告書を認定審査会に提出する。
介護保険のサービスを受けることが出来るのは、第1号被保険者(65歳以上)や、理由にかかわらず介護を必要とされる第2号被保険者(40~64歳)、特定の疾病によって介護が必要な人が該当します。

そして介護保険のサービスを受けるためには、自ら申請して要介護認定において「要介護・要支援」と認定されることが必要です。
さまざまな介護サービスを、一割の自己負担で受けることができる「介護保険」。
利用する施設や要介護度によって、費用の限度額や受けられるサービスが異なりますので、基本的なポイントを理解しておきましょう。

掲載希望の方はこちらから