有料老人ホームとは

介護サービス、食事の提供サービス、家事サービス、健康管理などのサービスを提供する高齢者向けの居住施設です。

高齢者賃貸住宅とは

介護や医療などと連携した高齢者を支援するサービスを受けることが出来る高齢者に優しいバリアフリー構造の住宅です。

施設選びのポイント

大切なご家族が入居する施設、後悔しない為の施設選びのポイントをご説明します。

point_ttl

1.地域

多くの方は現在のお住まいから離れ難く、ご自宅の近くにホームを求めることが多いようですが、入居後の生活を考えて概略の地域はあらかじめ心づもりをしておくことが必要です。地域の選択としては、以下のことが挙げられます。

  • ・家族や親族が訪れやすい場所、交通のアクセスが良い地域
  • ・自分の住み慣れた地域
  • ・通院している病院や趣味活動の継続に便利な地域場所よりも、親身な介護を提供してくれるホーム
  • ・場所よりも、親身な介護を提供してくれるホーム

「これだけは譲れない」というポイントを決めておくと良いでしょう。

photo004

2.予算

入居した際にも、別途、医療、雑費などの経費が必要となってしまう場合もあります。
無理をせず余裕を持って居住できる施設をじっくり選びましょう。

3.体験入居

施設運営の長としての施設長の人柄は、スタッフにも浸透するものです。見学される場合は、施設長とじっくりお話をしてください。
そのお話の中から施設長の人となりを感じ取ってください。
廊下で行き交うヘルパーなどの職員の表情・挨拶は、入居後の潤いのある生活を示唆する重要な着眼点です。職員の態度には大きな関心を持ちましょう。
また、入居者の表情もとても参考になります。
明るい表情であれば親身か介護が提供されていることでしょうし暗い表情であれば満足していない気持ちが表れているのかもしれません。

4.提携医療機関

有料老人ホームは介護サービスを受けられても、医療機関ではないので医療行為を行うことは出来ません。
したがって、持病や健康面で不安を持たれている方は、ホームの提携医療機関を事前に良く確認しておく必要があります。

医療機関にかかった際の料金については、しっかり確認しておく必要があります。
提携医療機関では、通院の場合送迎が無料であることが多いですが、その他の病院では有料になる場合もあります。
また、提携医療機関の医師が定期的にホームに回診に来てくれる場合もあります。

photo005

5.契約内容の確認

罰金や違約金、強制退去などが発生する場合もあり、それぞれの施設ごとに契約内容が違います。
契約書をきちんと読み、気になったことなどは質問や相談をして解決して契約しましょう。

掲載希望の方はこちらから